早稲田大学グリークラブOB会・稲門グリークラブ

「IN TERRA PAX 地に平和を」

  • 作詩:鶴見正夫/作曲:荻久保和明
  • 指揮:松井慶太/ピアノ:前田勝則

慶應義塾ワグネル・ソサィエティーOB合唱団

男声合唱「阿波」合唱による風土記

  • 作曲:三木 稔
  • 指揮:大久保光哉

明治大学グリークラブOB会合唱団駿河台倶楽部

(委嘱初演)

  • 作詩:モナベルホネン/作曲・指揮:相澤直人

立教大学グリークラブOB男声合唱団
法政大学アリオンコールOB会・男声合唱団オールアリオン

男声合唱のための「王孫不帰」

  • 作詩:三好達治/作曲:三善 晃
  • 指揮:田中信昭/ピアノ:中嶋 香

東京大学音楽部OB合唱団アカデミカコール

「男声合唱と8人のアンサンブルのためのMissa pro Pace」(委嘱初演)

  • 作曲・指揮:三澤洋史

合同演奏

男声合唱組曲「柳河風俗詩」より「柳河」

  • 作詩:北原白秋/作曲:多田武彦
  • 指揮:田中信昭

エール交歓

合同演奏

 OB六連の合同演奏は、「エール交歓」ですが、多田武彦先生が昨年末に亡くなったことに伴い、追悼演奏の意味で男声合唱組曲「柳河風俗詩」から「柳河」を演奏することになりました。

 多田先生とは、第1回OB六連の合同演奏指揮をお願いしたこともあり、非常にOB六連とも縁のある先生でした。指揮は、田中信昭先生にお願いしています。田中先生は、多田先生と大阪高校時代の先輩と後輩の関係です。田中先生は2、3年前に東京混声合唱団でこの「柳川風俗詩」を取り上げて演奏を行ったのですが、そのことを非常に多田先生が喜んでいらしたエピソードを伺ったこともあって、今回のOB六連での合同演奏をお願いしました。

「王孫不帰」への取り組み

 今回、法政OBと立教OBとで「王孫不帰」を合同演奏するにあたり、次のとおり練習を行います。

  • パート別練習

      • 6月中までは、テノール、べリトン、ベースのパート別による練習を行います。
      • 常時、練習会場は2か所とし、3パートの組み合わせによる練習です。
      • 練習は、法政OBから原氏、立教OBから前川氏が担当して行います。
      • 練習当初は、会場内でパート別に分かれての個別によるパート練習を行い、パートの実力向上に努めていきます。
  • 田中先生による練習

      • 田中先生による練習は、1月から始まります。最初の9回は3パート別に行いますので、各パート3回の練習です。
      • 基本的には、グランドピアノのある練習会場で、土曜日又は日曜日の午後に練習時間を設定します。
      • 合同練習は7月から4回行います。

 今回、演奏する「王孫不帰」は非常に難易度の高い曲です。「過去に演奏したことがあるから」だけではオンステすることは困難です。パート練習はもちろんのこと、田中先生による練習はすべて出られることを条件で、オンステに臨んでください。

合同練習の開始(12/2)

 12月2日(土)最初の法政OB,立教OBとの合同練習です。当面は2海上に分かれてのパート練習です。
 この日は、練習時間を切り上げて、両OB総勢38名による決起集会を行いました。

演奏曲の決定について


 第10回OB六連では、立教大OBとの合同により

「男声合唱のための王孫不帰」
指揮 田中信昭先生
ピアノ 中嶋 香先生

に決まりました。

 まずは、各パートに分かれてのパート練習から始めますので、アリオンコールのOBからの参加希望はまだ間に合いますので、奮って参加ください。