平成29年8月5日(土)午後6時~9時まで

東田端ふれあい館ABホール

 冒頭の発声に続き、久しぶりに貫井氏による「月光とピエロ」から「月夜」を練習しました。

この曲のもつ「悲しみ」の感情を歌で表現することの大切さを貫井氏から何度も強調して指示されました。久しぶりの演奏ですとつい音やリズムにのみに気が向いてしまい、表現がうまくできません。パートごとに丸く近づいての練習によるパート内の音と音色を合わせるように努めました。松比良氏からも音の長さが楽譜どおりでなく短い傾向にあることを指摘されましたので、「小姑みたいだ」などと思わずに、きちんと楽譜どおりに演奏しましょう。

 後半は、原氏による「三つの無伴奏曲」から「早春」です。おそらく,ほとんどの団員が初めての演奏と思われます。15分限定でのパート練習から始めました。ソロの後は、「allegro leggiero(快活に速く、軽く優美に)」から始まりますので、「軽く優美に」を意識しましょう。

 次に「王孫不帰」です。前回と同様に40ページからの練習の復習です。冒頭に各人のパート分けを配布しましたが、どうやら過去のパートを覚えていないようです。当初から指摘されていましたが、「過去にできたから大丈夫」は禁句です。古い人は40年まで、若い人でも25年前のことなのですから。初めて演奏するつもりで望んでください。
 前半の「月光とピエロ」と違って、リズムと声の出し方、歌い方に神経を使います。とかく軽薄な声になりがちですが、重厚な発声を心がけましょう。直前の「早春」が「軽く優美に」だったので、その意識の切り替えに戸惑いました。

 最後は、11月に演奏する「鴎」「夢みたものは」をそれぞれ通して演奏しました。

 来週は,お盆休みです。3練習ですが、最終日の13日(日)では東京都音楽祭の最終日、午前11時30分ころから現役アリオンコールが出演します。新入生のデビューになりますので、聞きに行きましょう。

平成29年8月5日(土)午後9時~11時まで

第2練習 八天将 東田端店

 たぶん、右半分のテーブルは知らないと思いますが、左半分のテーブルでは真剣に、

  • 11月の演奏曲について
  • 11月の演奏会の準備についいて
  • 「王孫不帰」の練習スケジュールについて
  • 今後の蓮沼先生との練習について

等、実にまじめな話をしました。
 それらを踏まえて、役員会の活動は進行します。来週はお盆で練習は休みですが、活動は休みではありません。

平成29年8月12日(土)

 お盆休みでした。

平成29年8月19日(土)午後6時~9時まで

代々木オリンピックセンターカルチャー棟

 お盆の休み明けの練習です。急の落雷に寄っり小田急線が動かなかったため、出足は少々悪かったようです。
 今日の練習は、吾郷氏が手術のため、映像の配信はありません。
 冒頭は、貫井氏による「月光とピエロ」です。無理やり全曲通しての演奏から始まりました。1週間空くとすぐに忘れてしまいますね。個人的な感想ですが、5曲の組曲は久しぶりなので、緊張感を持続させることも練習する必要がありそうです。

 次は、原氏による「3つの無伴奏曲」のうち、「早春」です。初めて梅山、松比良両氏によるソロをつけての演奏をしてみました。ソロが入るとバックのハミングが歌えません。何度か前半部分を練習しましたが、完成度はまだまだ低い状態です。短い曲ですので、表現の場が限られます。
 まだまだ課題が多いのですが、本番の11月3日まで練習は残すところ10回です。

 最後は、「王孫不帰」です。前回と同様にP40の練習番号7からP42の練習番号12までをおさらいしました。まだリズムができていないパートがありましたので、繰り返し練習しました。リズムに気を取られると音程が怪しくなります。早々に変拍子が出てきますので、まずはリズムからマスターしましょう。
 次回から、第一楽章P13 練習番号9 「てい、とう、くにはほろびて」~P24「たろうかじゃこそほいなけれ」までを練習しますので、楽譜をよく見てきてください。「王孫不帰」は「過去に演奏した」早くに立ちません。初めて演奏するつもりで取り組みましょう。

平成29年8月19日(土)午後9時~10時40分まで

第2練習 参宮橋「さつき」

 総勢12名による第2練習です。 
 例によって、合唱の話はもちろんですが、外交問題、人生論、歴史問題、音楽観、オールアリオンの諸問題等々多岐にわたる話題でしたが、酩酊のせいかおぼえているのは、「江ノ島での宇崎竜童のギターカッティングがうまかった」ことだけでした。
 あと、隣のテーブルでは、K夫妻による夫婦円満の秘訣などを聞いていたようですが、聞いてどうするのかと思いつつ、答えを聞きそびれました。誰だそんなこと聞いたのは。

平成29年8月26日(土)

代々木オリンピックセンターカルチャー棟

 まだまだ夏休みの余波のせいか、参加人数が少ないですね。少数精鋭と信じて練習をしました。

 いきなり愛唱曲集から始まりました。

 11月のOB・現役合同演奏会でのアンコール曲の候補として選んだ曲を久しぶりに演奏してみました。
愛唱歌にもかかわらず楽譜を見ながらの演奏でしたが、途中で音が消えたり、崩壊したりで今後が不安です。
「基本的には歌えるので、もう少し思い出せば大丈夫」という根拠のない自信を持って安心している団員もいるようです。現役に恥ずかしくないような演奏にまで持って行きましょう。それは本番の11月が照準ではありません。その前に合同練習がありますよ。
 次回は、「コンポジション6番」を演奏しますので、おさらいしておきましょう。

 次は「鷗」「夢みたものは」の2曲です。ひと通り歌えるものの細かい部分でのパートごとの音取りが不十分のようです。原氏により個別に音取りの確認をしました。できない部分は決まっているようですので、自覚している部分をパートごとで確認して練習しましょう。自習よりも空き時間でのパート練習も有効です。

 貫井氏による「月光とピエロ」です。いきなり5曲通しましたが、参加者のせいかもしれませんが、前回より制度は落ちていました。貫井氏は「ハモっていない」とのコメントでした。各パートの音取りはすでに済んでしますので、お互いにお互いの音を聴いていないのでしょうか。勝手に自分のパートを歌うことだけに専念しているのかもしれません。

 最後にお知らせです。長い間、オールアリオンで活躍していただいた佐藤誠治氏(昭45年卒)が、ニュージランド移住に伴い、本日付で退団することになりました。佐藤氏には会計としても役員として活動していただき、オールアリオンを支えてきていただきました。大変ありがとうございました。
「将来、ニュージーランドから強制退去された時には、オールアリオンは暖かかくお迎えいたしますのでご安心ください。」
と口の悪い後輩が言っていました。佐藤先輩、お体に気を付けて、南半球から今後のオールアリオンとアリオンコールを応援してください。

 今までの練習報告は、昨年までは茂手木氏により原稿を作成していただきましたが、今年から管理人が作成していました。一身上の都合で9月から管理人による原稿作成が困難になりましたので、9月からは、当HPの練習報告に理解のあるベース出本氏に作成をお願いいたします。HP上の練習報告でオールアリオンの練習状況を確認していただき、効率よい練習としていきましょう。

管理人

平成29年8月19日(土)午後9時~10時40分まで

第2練習 さつき

 第2練習の場で「OB合唱団のあり方」について議論がなされました。団員の中で「OB合唱団のあり方」についての考えの違いがあるのはもちろんですが、その中で「オールアリオン」としての在り方、方針は保持していかなければなりません。元団長の梅山団長が就任した際に、オールアリオンのこれからの方針を初心として述べましたが、改めてオールアリオンのあり方について、団長と調整の上、各団員に示していきます。