平成29年12月2日(土)午後6時~9時まで(テナー、バリトン)

Sound Andantino(田端)第3スタジオ




 立教OB前川氏の指導により、第3楽章を冒頭から一応最後までパート練習を行いました。
立教OBでは、「王孫不帰」の演奏経験者は「ゼロ」と言うことなので、まずは曲の「つかみ」から感じてもらうよう練習を進めました。ほぼ半数が「王孫不帰」の演奏経験者である法政OBですが、経験者とはいえ数十年前の経験ゆえあまり役に立っていないようですが、それでも「つかみ」くらいには役だったようです。(半音のぶつかる音に前川氏は喜んでいましたが・・・。)
 どうしても変拍子に気を奪われがちですが、微妙且つ高度に正確な音程も要求されますので、当分の間はパート練習でひとつひとつを確実なものとしていきましょう。

 12月の寒い中というのに一人Tシャツ1枚になって汗をかきながら一生懸命に指導してくれた前川氏の熱意で、あっという間の2時間でした。

平成29年12月2日(土)午後6時~9時まで(ベース)

東田端ふれあい館ABホール

参加者、Bass1.立教2名、法政3名、 Bass2.立教1名、法政3名、指揮1名計10名です。

今回の練習は、立教さんとの初の合同練習で、テノール、バリトンとバスに分かれて、それぞれ別会場での練習になり、練習時間は、懇親会の為、2時間の練習でした。
原さん指揮による、王孫不帰3楽章の音取中心の練習でした。

次回の練習は、テノール、バスが、目黒区民センター、バリトンが、オリンピック記念総合センターで行います。
内容は、王孫不帰3楽章になります。今回の練習の復習個人練習をお願いします。

bass出本

今回から、吾郷氏による「2元中継」を開始する予定でしたが、設定ミスでふれあい館側の中継ができませんでした。
「ふれあい館」では、法政OBの原氏による指導でベースのパート練習です。
オールアリオンでは、ベースにつくばの小泉OBと郡山の長谷川OBの2人が加わり、弱かったベースが大きく補強することができました。

平成29年12月2日(土)午後8時~11時まで

笑笑田端駅東口店

 練習後は、平成29年の納会を兼ねて、立教OBとの合同演奏に向けての決起集会でした。
法政OB27人、立教OB11人の計38人の参加でした。冒頭、恒例のアリオンによる「乾杯の歌」、中締めでは、両OBによるエール交歓を行い、一切の店の事情を考慮しない振る舞いでした。




平成29年12月9日(土)午後6時~9時まで(バリトン)

代々木オリンピックセンターカルチャー棟



バリトン練習
法政8名、立教3名。
王孫三楽章を原氏の指導にて。だいぶ慣れてきた感はありますが、まだ音程、リズム共にあまいところがあります。特にリズムの曖昧さは早めに直しておきましょう。三連譜のリズムが付点のリズムと同じになってしまっています。いっぱい出てきますので気を付けましょう。

平成29年12月9日(土)午後6時~9時まで(テノール、バス)

目黒区民センター8Fレクリエーションホール

今回の練習は、テノール、バスが、目黒区民センター、バリトンがオリンピック記念青少年センターで行いました。
今回より、新たにS55年卒団の西沢さんが、T2パートとして参加されました。
参加人数は、T1.立教2名、法政5名、T2.立教3名、法政5名、Bass1.立教3名、法政2名、Bass2立教1名、法政3名、指揮1名計25名でした。
30分のウオームアップの後に、立教前川さん指揮による、王孫不帰3楽章を各パートの音確認及びテノール、バスでの音合わせ、4パートでの音合わせ、という形2時間余り行いました。

次回の練習は、東田端ふれあい館でテノール、バリトン、東山社会教育館でバスが行います。
再度楽譜を確認して練習に臨むようにお願いします。

bass出本


平成29年12月9日(土)午後8時~11時まで

第2練習 万豚記

第三楽章のバリトンは喉が上がってしまうほど音が高いのです。練習後は喉のケアをしなければなりません。泡のある不思議な飲み物は最適です。
途中からトップのA氏も合流して、談義に花を添えてくれました。

平成29年12月16日(土)午後6時~9時まで(テナー、バリトン)

東田端ふれあい館ABホール



 法政15人、立教8人によるテナー、バリトンの合同パート練習です。
今回は、初めて第1楽章の練習を始めました。原氏の方針で第1楽章を分割して、前後しながらの練習です。
ソリが占める部分が多いので、ソリと合わせる部分は後回しにしています。
 特に注意するところは、5連符と短い3連符が合いません。また、テナーの「はたり」の音程が定まりません。
簡単そうで意外に難しいのが、⑪。テナーの「はたり」から次の「くには」が同じ音にもかかわらず合いません。パートからの希望により何度か練習しましたが、習得できませんでした。おそらく「はたり」の音程が合っていないのでしょう。
 他には「発音」です。「くゎじゃこそ」などではどうしても浅く軽くなりがちです。全体に発音を「深く」「重く」を心がけましょう。まだ音程とリズムの段階ですので、発音までは気が回らないかもしれませんが、癖になる前に直しましょう。

平成29年12月16日(土)午後6時~9時まで(バス)

東山社会教育会館レクリエーシュンホール

参加人数は、Bass1.立教3名、法政2名、Bass2.立教3名、法政1名、指揮1名計10名でした。

30分ほどのウオームアップの後、立教前川さん指揮による、王孫不帰1楽章のBass1.2.それぞれの音取パート練習及びbassパートでの音合わせを、2時間あまり行いました。
1楽章全体としては初の合同練習でした。

次回の練習は、テノール、バスが東田端ふれあい館、バリトンが文京区シビックセンターで王孫不帰1楽章の練習を行います。
皆さん、再度楽譜を確認しておいてください。

Bass出本



平成29年12月16日(土)午後8時~11時まで

第2練習 笑笑田端駅前店

 法政8人、立教5人とによる第2練習です。
一部のOBでは、「法政=下品、立教=上品」というイメージがあったようですが、それが大きな誤解であったことが明らかになった練習でした。結局のところ、どの大学もやってきたことはそう変わりがないようです。

平成29年12月23日(土)(テナー、バス)

東田端ふれあい館ABホール


参加人数、T1.立教2名、法政5名、T2.立教2名、法政5名、Bass1.立教2名、法政2名、Bass2.立教3名、法政1名、指揮1名、ピアニスト1名計24名でした。
先ず、原さん指導でウオームアップの約30分そして、王孫不帰1楽章のパート別音取確認と4パートでの音合わせを、約2時間、3楽章の音合わせを20分ほど行いました。
まだ音取不完全な部分が多々あるようです。再度楽譜確認をお願いします。
次回の練習は、1月6日バスが、北とぴあ2Fリハーサル室、テノール、バリトンが、文京区男女平等センターで行います。内容は、メールで連絡があると思います。

bass出本

補足
 ベースについて
 おそらく参加メンバーの違いでしょうか?前回、第1楽章の練習を始めたにもかかわらず、ベースの進捗が遅れていました。ベースの練習に時間がかかりテナーはやや時間を持ていました。
 そのため、テナーから「テナーだけの練習があってもいいのではないか」との声がありました。また、ベースにしては高い音が続くためか、声がベースの声ではなく口先だけの発声になっている人が見受けられました。まだ音取りの段階で発声まで気が回らないでしょうが、癖になる前に直しましょう。全体に雑な印象を受けました。ていねいに確実に音取りをしましょう。個人の音取り練習の場ではなく、パート全体の練習であることを忘れず、パート間の音をよく聞きあいましょう。
 テナーについて
 19ページの3連符「びてー」が正確ではありません。何度か練習しましたが、過去の癖になっているようです。意識しましょう。全体に、リズムはテナーだけだとできるのですが、ベースと合わせると途中で分からなくなります。他のパートの音を聞きながら歌うようにしましょう。また前回、できなかった⑪は指摘されませんでしたが大丈夫だったでしょうか。
 正月休みで間が空きますので、歌う環境になければせめて楽譜だけでも見直しておきましょう。

平成29年12月23日(土)(バリトン)

文京シビックセンター練習室1


バリトン単独練習は、法政5名、立教6名でした。
第一楽章、最初から音取り練習、法政は全くの初めてでしたね。
ですが泣き言を言っている暇もなく、前川氏の優しくも厳しい練習は進んでいきます。終わってみれば全く休憩なしの三時間練習でありました。(^_^;)でもとても充実していて、時間が経つのがとても早く感じられました。

平成29年12月23日(土)午後9時~11時まで

第2練習 萬盛園 駒込店


立教さんとの飲み会も場を重ねてきたこともあり、だいぶお互いに慣れてきた感がありますね。(^_^)
バリトンが集まったテーブルでは、立教さんの、法政を遥かに上回るような武勇伝(?)の披露に、法政側が絶句してしまうという意外な展開に。詳しくはコメントを控えさせていただきます……。(~_~;)