平成30年11月3日(土)午後6時~9時まで

東田端ふれあい館ABホール

 「ジャパニーズ・ポップス・アレンジメンツ」から「少年時代」と「琵琶湖周航の歌」の2曲の練習です。

 冒頭で「琵琶湖周航の歌」はテナー英とベース系に別れて最後までパート練習を行いました。その後初めて通してのアンサンブルを行いましたが、まずは最後まで通せました。ソロの部分が多い曲です。ソロを引き立てるための歌い方を心がけましょう。部妙な音程、特に転調してからの音程に気を付けましょう。
 「少年時代」も同様の指摘を受けました。前回も指摘されたように主旋律が変化しますので、自分の主旋律の部分をよく理解して表現しましょう。

 他の2曲の楽譜を配布しましたので、4曲全部揃いました。次回は原指揮者が欠席なので「さとうきび畑」のパート練習を中心とした練習をします。なお、楽譜については現在製本中ですので、しばらくお待ちください。

平成30年11月3日(土)午後9時~11時まで

第2練習 八天将

 わずか6名の参加でしたが、話題は盛り上がりました。中でも、我が団長が自身の子に対する「合唱の極意の伝達」の場面での描写に、我々アリオンメンはハラハラと涙を流さざるを得ない感動を味わったのです。……「よし!口を開けろ」「……」「グイ!」「ングッ…!」「舌根を下げるんだ!」「ううっ!」…………う~ん、マンダム!(^_^;)

管理人も以前聞いたことがあります。当時は許容されたようですが、現在の時代では「児童虐待」ギリギリの行為だったようです。皆さん、まねをしないようにしましょう。