法政大学アリオンコールOB会・男声合唱団オールアリオン規約

第1章 総則

  • 第1条 この団体は、法政大学アリオンコールOB会 会則第11条に規定する合唱団で、法政大学アリオンコールOB会・男声合唱団オールアリオン(以下、「本団」という。)と称し、男声合唱団オールアリオンと通称する。
  • 第2条 本団は合唱活動を通じて合唱芸術の技術向上と団員相互の親睦をはかり、併せて法政大学アリオンコールとの交流を促進することを目的とする。

第2章 構成

  • 第3条 本団は法政大学アリオンコール出身者(以下、「OB」という。)をもって構成する(以下、「団員」という。)。
  • 第4条 前条にかかわらず、団員からの推薦により第11条に規定する役員会(以下、「役員会」という。)の承認を得た者は団員となることができる。
    • 2 次条各号に規定する演奏会に団員以外のOBが臨時に参加を希望する場合は、役員会の承認を得て臨時団員として参加することができる。

第3章 事業

  • 第5条 本団は第2粂の目的を達成するため以下の演奏会を開催する。
    • 1.単独演奏会
    • 2.法政大学アリオンコールOB・現役合同演奏会
    • 3.東京六大学OB合唱連盟演奏会
    • 4.関西大学グリークラブOB合唱団との合同演奏会
    • 5.その他の大学OB合唱団との合同演奏会。ただし、あらかじめ役員会の議を経たものに限る。
  • 第6条 前条のほか、必要に応じて、役員会の議を経て演奏会その他の事業に参加することができる。

第4章 運営

  • 第7条 本団はその運営のため以下の役員を置く。その任期は2年とし、兼務を妨げない。
    • 1.団長
    • 2.技術責任者
    • 3.渉外
    • 4.会計
    • 5.パ-ト責任者
    • 6.東京六大学OB合唱連盟常任委員
    • 7.会計監査
  • 第8条 前条に規定する役員の選任について、団長は総会により選出するものとし、その他の役員は団長が指名し、以下の任務を担務する。なお、団長は団長以外の役員を必要に応じて複数名選任することができるものとする。
    • 1.団長は本団を代表し団運営を統括する。
    • 2.技術責任者は本団の技術向上のための施策・指導とともに演奏会における指揮を担務する。
    • 3.渉外は練習場の確保と演奏会運営および渉外全般を担務する。
    • 4.会計は本団運営の出納全般を担務する。
    • 5.パート責任者は、所属団員の掌握とともに、技術責任者と調整してパートの技術向上に努める。
    • 6.東京六大学OB合唱連盟常任委員は本団を代表して連盟運営に参画する。
    • 7.会計監査は団の会計処理状況を監査し、その結果を総会に報告する。
  • 第9条 団長は、第7条にかかわらず、必要に応じて臨時の役員を指名することができる。
  • 第10条 本団は、必要に応じて、専門家を招聴して指導および指揮を委嘱することができる。
  • 第11条 第7条、9条に規定する役員をもって役員会を構成し、団長がこれを招集し、議長として団運営の必要事項を討議し、決定する。
  • 第12条 役員会の議決は出席者の過半数をもって行う。

第5章 会計

  • 第13条 本団の会計年度は、毎年4月1日に始まり翌年3月31日に終る。
  • 第14粂 本団の会計は、団費、演奏会運営差益金、寄付金および運営に関連する雑収入をもってまかなう。
  • 第15条 本団の団費は年額24,000円とし、毎年4月に1年度分を一括納入する。但し、事情により分納することができるものとする。
  • 第16条 新規に入団する者は、入団した月から団費を納入するものとする。
  • 第17条 事前の申し出により半年以上休団する場合は、休団の期間は団費を免除する。
  • 第18条 法政大学アリオンコールを卒団した者は、卒団後3年間団費を免除する。
  • 第19条 第15条にかかわらず、東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県以外に居住する者の団費は、年額5,000円とする。
    • 2 臨時団員は、参加する演奏会ごとに団費として5,000円を納入する。
  • 第20条 楽譜等個人の所有物となる物品の購入費用は、別途団員及び臨時団員の負担とする。
    • 2 第5条各号に掲げる演奏会に係る費用は、別途団員及び臨時団員の負担とする。
  • 第21条 役員会が必要と認めた場合は、総会の承寵を得て臨時団費を徴収することができる。

第6章 総会

  • 第22条 本団は、団長の招集により、年1回の定期総会と必要に応じて臨時総会を開催し、以下の事項を議決する。
    • 1.団長の選出
    • 2.予算・決算の承認
    • 3.規約の制定・変更
    • 4.役員会で総会議決が必要と認めた事項
  • 第23条 総会の議決は出席者の過半数をもって行う。

第7章 雑則

 (委任)

  • 第24条 本規約に定める細部の施行は、役員会が定める。

附則

  • 本規約は2004年4月1日より実施する。

附則

  • 本規約は2007年4月1日より改正実施する。

附則

  • 1 本規約は2009年4月1日から施行する(2009年3月21日臨時総会議決)。
  • 2.第4条第2項の規程は、2009年4月1日以降に加入する者から適用する。