印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

アリオン100.jpg法政大学アリオンコール HISTORY


初演 1993年5月1日 第42回六連(東京文化会館)  指揮 田中信昭 小鼓 高橋明邦

42回6連3.jpg

「美女打見れば」について

柴田南雄

 小鼓を伴う、六曲からなる男声合唱曲「美女(びんじょう)うち見れば」は、法政大学アリオンコールの委嘱による作品で、今回が初演です。
 歌詞は12世紀後半に成立した「梁塵秘抄」に拠っています。現存する「梁塵秘抄」に収録されている566篇の、長歌と小柳と今様に分類されている歌どもは、当時の小唄であり、歌謡曲であり、演歌であります。人々の日常の生活感惜が率直に表現されており、現代のわれわれにも、すこぶる魅力に富んだ文芸であります。
 「美女うち見れば」(no.107)は、小生にとっては、「梁塵秘抄」を歌詞とする合唱曲集の第三作目に当たります。つまり、これで三部作が完結したことになります。その最初の曲集は19舶年に桜楓合唱団のために作曲した、箏を伴う女声合唱曲「秋来ぬと」(no.96)で、次の第二作は1990年に大阪のローレル・エコーのために作曲した、日本の横笛を伴う混声合唱曲「春立つと」(no.101)でした。両者とも、各地のアマチュア合唱団によって、しばしば取り上げられています。
 第1作の「秋来ぬと」の歌詞には、合唱団の皆さんが主に中年の女性の方々なので、いわば『まちぼうけ』の歌を主に選びました。つまりは、人生の「秋来ぬと」というわけです。
 第2作の「春立つと」の初演団体であるローレル・エコーの皆さんは、より高齢の、社会生酒をすでに卒業された、中高年ないし老年の方々が多いので、人生の無常や、愛した人との永別を詠んだ歌の中から、しかも、それらをあまり露骨にではなく、遠回しに表現したものなど五篇を歌詞に選びました。題名になった第Ⅰ曲目の歌詞も、「春立つというばかりにや」云々で、華やいだ春を歌ったものではありません。

 さて、今回の「美女うち見れば」は、いうまでもなくアリオンコールの諸君のための曲ですから、「梁塵秘抄」の中から、主として若い男の感情や、ファッションヘの関心、ユーモラスな感じを歌ったものの中から選びました。すなわち、小柳一首(第Ⅰ曲)、今様四篇(うち第Ⅲ曲には二篇の今様を連続して用いました)、および「梁塵秘抄口伝集巻一」(その成立は1169年)の中から「今様と申す事のおこり」と記してある最後の部分(第Ⅱ曲)を歌詞としています。この「美女うち見れば」によって、「梁塵秘抄」による女声・混声・男声の三部作を一応完了したことになります。
 「秋来ぬと」と「春立つと」では、上記のように、それぞれ箏と日本横笛が合唱と協演しますが、「美女うち見れば」を小鼓との協演にしようということは、早くから決めていました。後白河法皇の時代、白拍子が歌った今様は鼓を伴っていました。毎年行われている京都の「時代祭り」でも、自拍子には鼓を持った女性が付添って都大路を練り歩きます。
 現存する「梁塵秘抄」は、前述のように長歌・小柳・今様をあわせて566篇を含みますが、わたくしの三つの歌曲集はその中の17篇を取り上げているにすぎません。しかし「梁塵秘抄」の粋と言うべき、代表的な優れた歌は、この中にほぼ網羅されていると言ってよいでしょう。
 今回の「美女うち見れば」は、元来は昨年の春のアリオンコール定期演奏会のために、田中信昭さんからお頼まれしていたのですが、種々の都合で先送りとなったものです。作曲に着手したのは1991年の12月、しばらく中断ののち、完成したのは1993年2月5日でした。
 これまでにも、委嘱作である「寓歳流し」「わが出雲・はかた」をはじめ、「三つの男声合唱曲」「修二骨讃」など、小生の数々の合唱曲をたびたびステージに乗せて来られたアリオンコールの皆さんと指揮者の田中信昭さんに、今日また、新たな作品の初演を託することに、深い感謝の念とともに大きな歓びを感じております。

出版 全音楽譜出版社
美女.gif

録音

「柴田南雄とその時代 第二期」fontec
(新しい合唱団 男声 小川実加子 小鼓 田中信昭 指揮)
s-620.jpg

演奏 

法政大学アリオンコール
六連(第42回〈初演〉、第55回)
法関(第32回、第41回)
定期(第43回、第46回、第55回、第59回)

 大阪H・シュッツ合唱団、甍会