法政大学アリオンコールOB会会則

第一章 総則

第1条 本会は法政大学アリオンコールOB会と称し、法政大学アリオンコール出身者をもって構成する。
第2条 本会は会員相互の親睦をはかり、併せて法政大学アリオンコールの発展のために協力することを目的とする。
第3条 本会は本部を東京都に置く。また地方に支部を置くことができる。

第二章 運営及び総会

第4条 本会は第2条の目的を達成するために次のように運営をする。
 1.年1回の総会を開催する。
 2.その他、必要と認めた際は臨時総会を随時開催する。臨時総会は理事会の議決に基づき会長がこれを招集する。
 3.総会の議決は出席会員の過半数をもって行う。
 4.総会の議決事項は次の通りとする。
  ①理事会構成役員および監査の選出と学年幹事の承認
  ②活動計画
  ③決算の承認
  ④中途退団者の入会承認
  ⑤会員の除名
  ⑥会則の変更

第三章 会員及び役員

第5条 本会の会員は法政大学アリオンコール出身者と中途退団者で入会の希望を持ち総会の承認を受けたものとする。
第6条 本会に次の役員を置き、その任期は2年とする。ただし留任は妨げない。
 1.名誉会長  1名
 2.会長    1名
 3.副会長  若干名
 4.事務局長  1名
 5.理事   若干名
 6.学年幹事 若干名
 7.支部には支部長を置き、支部長は理事となる
 8.監査     2名
第7条 会長、副会長、事務局長、理事、監査は総会において選出し、学年幹事は各卒業年度より2名以内を選出する。学年幹事は他の役員を兼任できる。

第四章 役員の任務

第8条
  1.名誉会長は会長経験者であり、会の運営について理事会の相談にあずかり、助言を行う。
  2.会長は本会を代表し会運営を統括する。
  3.副会長は会長を補佐し、会長に事故ある時は代理を務める。
  4.事務局長は本会の運営が円滑に行われるよう、会計、事務などの統括を行う。
  5.理事は本会目的達成のため必要な業務に従事する。
  6.学年幹事は会員との直接の連絡にあたり、理事会の業務を援助する。
  7.監査は会計及び理事会の活動を監査し総会に報告する。
第9条 理事会ほ会長、副会長、事務局長、理事をもって構成し、会長がこれを招集、議長となり、必要事項を討議する。
第10条 理事会の議決は出席役員の過半数をもって行う。

第五章 活動と事業

第11条 本会は第2条の目的達成のため、次の活動・事業を行う。
 1.会報の発行
 2.男声合唱団オールアリオン
 3.その他、総会で決定された活動・事業

第六章 会計

第12条 本会の会計年度は毎年4月1日より始まり、翌年3月31日に終わる。
第13条 本会の会計は会員の会費と寄付をもってまかなう。
第14条 本会の会費は年額3,000円とする。
第15条 会費は事務局長がこれを保管し理事会の承認を得て第2条の目的達成のために支出する。
第16条 事務局長は毎会計年度の終わりにおいて決算報告書を作成し、監査の承認を得て理事会、総会に報告するものとする。
第17条 理事会が必要と認めた場合は、特別会費を徴収することができる。

第七草 罰則

第18条
 1.本会は第2条の目的に反し、会員として名誉を傷つけたる者に対しては、理事会の議決を経て総会にはかり除名することができる。
 2.会費の納入を怠ったものは会員の資格を喪失することがある。

第八章 付則

第19条 本会は理事会の推薦により相談顧問及び客員を置くことができる。
第20条 本会別に定めのない事項に関しては理事会の審議により定めるものとする。
第21条 この会則は1999年4月1日より実施する。